■体験談

このウィンドウを閉じる

ハードな日々の成果は、複数のホテルからのオファー

インターン期間:2003年5月〜2004年7月(語学留学期間を含め)
参加コース:スイス留学ホテル&レストラン ホテル経営 学位取得コース
インターン先:スイスの最高級ホテル

 
スイスの最高級ホテル リッツカールトン東京

ホテルマンとして仕事を始めたころ、宿泊したフォーシーズンズホテルでのサービスに感動して、ホテル業に対する考え方が変わりました。また、尊敬するホテルオークラ顧問の橋本保雄先生の著書の中の「スイスで勉強した」という記述が、とても気になっていました。そんなある日、留学雑誌でSHMSの紹介記事を見たのです。スイスでホテル経営の勉強ができて、しかもインターンシップまでできる。「ここがいい!」と思いました。

SHMSでは曜日によっては、朝8時から昼休みをはさんで夜7時まで授業があって、とてもハードです。ハウスキーピングの実地訓練からフロントオフィスの講習やオペレーション、人事マネジメント、レストランサービスの実践、英語にフランス語と、さまざまな授業がありました。コースを終えた後は、ジュネーブの5つ星ホテルHotel President Wilsonのレストランで、5カ月間インターンシップを体験しました。SHMSの業界での評価はとても高く、中国やシンガポールなど、いくつかのホテルからオファーをもらいました。帰国前に海外のホテルで働き、その経験を生かしてリッツカールトン東京で働いています。

トップページ | 他の体験談を読む