■体験談

このウィンドウを閉じる

大自然が身近なカナダで、
仕事もプライベートも満喫しました

インターン期間:2008年10月〜2009年10月
参加コース:カナダ小中規模ホテル中級トレーニングコース
インターン先:Whistler's InnIntrax Vancouver

1979年生まれ、大阪府出身。大学卒業後、京都のホテルでベルスタッフ、フロント、宿泊予約などの業務に携わる。6年半の社会人経験を経て、インターンプログラムに参加。

京都のホテル カナダのホテルでインターン 求職中

カナダ流のフレンドリーなサービスを、日本でも実践してみたい

ウィンタースポーツの1つ、クロスカントリーをしているところ

街なかでelkが見られます

Maligne Canyonでのice walkツアーに参加

バンフです。ゴンドラに乗って一番見晴らしのいいスポットから

停車駅になっているジャスパーの駅で、夏しか見られないロッキーマウンテン号

housekeeper全スタッフとパブにて

ルームメイトとハイキング

パーティが大好きなカナディアンたちです

仮装パーティ

Q:ホテルインターンプログラム参加の動機は?

A:学生の頃から抱いていた「海外で働いてみたい」という夢を実現させたかったことと、勤務先でインターンを受け入れていたのですが、トレーニングする側ではなく、受ける側になってみたいと思ったからです。カナダへは2度ほど個人旅行で行ったことがあり、安全で大自然の美しさが魅力でした。仕事とプライベートの両方満喫できそうだと思い、インターン先をカナダにしました。

Q:研修先にカナダを選んだのは?

A:カナダを選んだ理由は、英語がきれいだと聞いていたからです。そして、私は自然も好きなので、せっかくならカナダの雄大な自然の中で学べたらと思い決めました。

Q:インターン前、英語力アップの為にどんな工夫をしましたか?

A:英語力に自信はありませんでしたが、英語で日記を書いたり、英語のDVD鑑賞やポッドキャストを聞くなど、簡単にできて、毎日続けられる方法でブラッシュアップを図りました。

Q:滞在していた都市について、教えて下さい。

A:カナディアンロッキーの北の玄関口として知られているアルバータ州のジャスパーという街です。とても小さな街ですが、小さな街だからこそ、街の人たちみんながとてもフレンドリーで、イベントも多数ありました。カナダは仕事とプライベートの両方が満喫できるところが魅力。数々のレイクや山も近く、大自然を堪能できます。1年を通して四季折々のアクティビティが楽しめるところです。

Q:インターン先ではどんな仕事を担当しましたか。

A:メインはハウスキーピングで、ベッドメイクやバスルームの清掃などです。4ヶ月目に入ってから、フロント業務(外貨両替、C/INなど)もさせてもらえるようになりました。

Q:仕事をする上で、壁にぶつかったことはありましたか?

A:通常は30分で仕上げないといけないアウト部屋を、1時間もかけてしまったことがありました。その後、周りのスタッフの動きをよく観察し、ここが違うと思ったことを実践してみたら、改善できました。

Q:インターン体験で得たものは何だと思いますか?

A:ゲストとの距離が近くなるように心がけた結果、フレンドリーな接客が身につきました。日本での接客方法と全く違いますが、気軽に会話することが大事だと思いました。

Q:インターン中、仕事をしていてうれしかったことは?

A:とても忙しいスキーシーズンで、作業がC/INの時間に間に合わず、ゲストを待たせてしまったのですが、そんな中でも、ゲストは”No rush, no rush”と言って励ましてくれました。すごくうれしかったし、励みになりました。また、お客さまに感謝の気持ちを伝えたくてメッセージを残した翌日、そのお客さまも私宛てに手紙を残してくれていたことがありました。この手紙は今も大事に持っています。

Q:英語での接客に自信がついたのは、どんな時でしたか?

A:リスニングに困っていたので、常に辞書を携帯し、わからないことはその場で確認するようにしていました。また、一度聞いたことはメモして復習することを習慣にしていました。でも、何よりも「伝えたい」という気持ちがあれば、耳を傾けてもらえることがわかり、それからは会話することが恐くなくなりました。

Q:オフの日はどんな風に過ごしていましたか?

A:ホテルの同僚たちと、夏はBBQにサイクリング、ハイキングなど。また、冬はスキー、スノーボード、DVD鑑賞などをして過ごしました。同僚たちは同じ従業員寮に住んでいるので、一緒に食事をしたり、パーティーをしたりと、交流する場が多数ありました。

Q:もうすぐ帰国されるそうですが、希望する就職先はどんなところですか?

A:このインターンで身につけた語学力と国際感覚を生かし、外資系ホテルでオープニングスタッフとして働いてみたいです。カナダで学んだ、気軽に会話できるようなフレンドリーなサービスを日本でもしてみたいですね。

Q:今後の仕事の展望や夢を教えてください。

A:マルチな人材になるために、未経験であるコンシェシェルジュもしてみたいし、ホテルのマネージメントにも携われたらと思います。

Q:ホテルインターン参加希望者に向けてアドバイスをお願いします。

A:私自身がそうでしたが、思っているだけでは何も起こりません。「やってみたい!」と思った時点で実践することが大事なんだと思いました。年齢は関係ありません。私は後悔していませんし、これからもしないと思います。ぜひ行ってみてください! 本当にいい経験になりますし、何よりも人生を楽しめます!

トップページ | 他の体験談を読む