■体験談

このウィンドウを閉じる

頑張っていたら、研修先が雇用継続を提案
2度も「Employee of the month」に輝いた、充実のインターン体験

インターン期間:2006年6月〜2007年5月
参加コース:カナダ小中規模ホテル中級トレーニングコース
インターン先:Radisson Hotel(カナダ)

1981年生まれ。清泉女子大学卒業後、都内のシティホテルにレストラン配属で半年勤めた後、長野のリゾートホテルでフロントとして勤務。カナダの有名4つ星ホテルでインターン体験中に「Employee of the month」として2度表彰されるほどの活躍をした。

都内シティホテル 長野のリゾートホテル アルバータ州のリゾートホテル 野尻湖ホテルエルボスコ(元野尻湖プリンスホテル)勤務

インターン体験で、職種や仕事内容などの選択肢の幅が広がった

Q:鷹野さんはすでにホテル勤務経験があったそうですが、インターン参加の理由を教えてください。

A:人生で一度は海外生活をしてみたかったですし、以前から英語ができないことでくやしい思いをたくさんしてきたからです。アスパイアを選んだのは、他社に比べて価格が良心的だった点とホテル専門だというところが決め手でした。友人が以前に利用してとてもよかったと聞き、安心感もありました。

Q:インターンの派遣先にカナダを選んだのは?

A:アスパイアのカウンセリングを受ける中で、カウンセリングの方と一緒に、私の経歴や英語力、初めての海外での仕事ということを考慮し、比較的柔軟なプログラムのカナダを選びました。カナダに着いた当初は、人も温かそうで土地も広大で緑も多かったので、住みやすそうな印象を受けました。

Q:インターン中、仕事をしていて壁に当たったことは?

A:職場はレストランだったのですが、カナダは日本と違って担当テーブル制。英語のできない私にとって、テーブルを担当すること自体がとても大きな壁でした。初めは「いつになっても自分はテーブルを担当することはできない」と思っていたほどです。でも、職場の友人がとっても丁寧に英語のセンテンスひとつから教えてくれましたし、初めは友人に付き添ってもらいながら、よくいらっしゃるお得意様や社員のテーブルで、少しずつ練習させてもらいました。気が付いた時には4、5テーブルほどのセクションを担当させてもらって働いていました。

Q:インターン体験で得たものはどんな事でしたか?

A:今までとは違った物事の考え方や、見方をするようになったと思います。自分自身は、以前より柔軟になったと感じます。仕事に関して言えば、チームワークの大切さや友人の有難さ、サービス業の楽しさを改めて感じることができました。

Q:インターンでの印象的なエピソードを教えてください。

A:日本人ツアーのご家族に緊急事態が起こり、そのご家族をお手伝いしたことが印象的でした。ある夜、フロントから寮に緊急の連絡が入って行ってみると、日本人の女の子が1人で取り残され、ご家族は救急で病院に行った後でした。他に日本語が喋れる人がいなかったので、病院に状況を確認したりしながら、女の子と一緒に家族の帰りを待ちました。ご家族が無事だということがわかり、お戻りになられたお母様と抱き合う女の子の姿を見た時は本当に安心しました。このことがきっかけで、1回目の「Employee of the month」という賞をいただきました。

Q:インターン修了後、就職活動はどのように行いましたか?

A:カナダを離れる前に知り合いからお誘いを受けていたので、そちらのホテルでお世話になることにしました。

Q:仕事にインターン体験が活かされていると感じるのはどんな時?

A:海外のお客様の電話対応、フロント業務、英語のウェブサイトなど、通常業務のさまざまな場面で活かされていました。一番印象に残っているのは、海外の有名なシェフがお越しになられた時に数日に渡り、通訳としてつかせていただいたことです。インターンを体験したことによって、以前と比べ、職種や仕事内容などの選択肢の幅が広がったと思います。

Q:今後の仕事の展望や夢を教えてください。

A:できればまた海外で働きたいです。日本人の方にももっと海外を楽しんでいただけるように、少しでも力になりたいと思いますし、海外の方にも日本の良さを伝えたいです。そして何よりも自分自身が日々働くということをもっと楽しみたいです。

Q:ホテルインターン参加希望者に向けてアドバイスを。

A:海外で仕事をするということは、留学とは違った楽しみがあります。違う文化の中で生活することで、今までの「普通」が普通ではないということを感じることもありました。自分の視野もすごく広がりますし、海外の良さはもちろん、日本の良さも改めて感じることができると思います。自分の意思をしっかり持ち、楽しんで来てほしいと思います。

トップページ | 他の体験談を読む